風韻の書庫

趣味で小説を書いたりしております。活動のメモを記しておくためのブログです。

突然、友人から貰ったお菓子

 こんばんは、流手と申します。

 

 先日の休みの朝、唐突に友人からLINEが入ってきました。

 

『今日家におる? 滋賀のお土産のバームクーヘンを渡したいんやけど。渡したらすぐ帰る予定やで』10:35

 

『ごめん、寝てた』12:55

 

 ……そう、私は見逃した。

 

 内心で、これは……流れたか。悪いことをした。

 と反省していますと、

 

『エエんやで! 3時までには渡せるようにするわ』

 

 なんてイイ奴!

 

 ということで、バームクーヘンを頂けることに。

 

 そして……

f:id:raviede75:20210118221312j:plain 現れたバームクーヘンはこちら

 

  なかなかに重厚感のある箱に入ったバームクーヘンを手にすることに。

 

f:id:raviede75:20210118221308j:plain

 クラブハリエって読むんでしょうか。

 へぇ、滋賀のお店はお洒落ですね。もしくは、全国にあったりするのかしら。

 

f:id:raviede75:20210118221321j:plain

 開けてみますと、これがまたなかなかに大きい。

 

f:id:raviede75:20210118221331j:plain

  横から見てみますと、ホラ!

 なんて太さ。

 

 ……まぁ、実は撮影したのは私ではなく家族。

 私の居ぬ間に食べたようです。……おっと拗ねているわけではない。

 

 特に息子が大喜びしたようですよ。子供ウケもするお菓子ということなのでしょう。

 

 とりあえず、私も落ち着いたら残された一口を食べることにします。楽しみですね。