風韻の書庫

趣味で小説を書いたりしております。活動のメモを記しておくためのブログです。

絵の練習を始める……たい

 こんばんは、流手と申します。

 

 最近SRPG Studioを使いゲームの制作を始めてみたのですが、やはりどうしても画像が欲しいと悩み始めました。

 もっとも、以前から何度も絵を描きたいとは思っており、挑戦したこともあるのですが……本当に駄目で……というか、定着しない。驚いたことに、ここ二年ほどは毎年一度は悩んでいるらしいです。それなのに書けない。

 

 ペンタブ等を用意し書く準備はあるものの、感覚が合わなさすぎて全く厳しい。慣れの部分があるのは分かるのですが、本当に書けない。

 

 妻がアナログで絵を描いていた時期があるのを知っているので、なんとか再び描いてもらおうとあれこれ考えているのですが、それも上手くいかない。

 

 と、試行錯誤していたところ、今回は奇跡的に妻がペンタブを手にしたので何か描いてくれと頼んでみました。
f:id:raviede75:20210511225528j:plain

 

 渋々ではありましたが、寝ている次男を描いてくれました。レイヤー等の知識はないよう。

 ぱっぱと描いていましたが、なかなか上手にものです。

 

 

 その間私は何をしていたかといいますと……

 

 キウイフルーツを剥いたり……

 

 …………

 

 …………

 

f:id:raviede75:20210511225525j:plain

 

 ただ“○”を描く練習をしておりました。

 

 ペンタブの感覚に慣れず、○はもちろん、線もへろへろでいけませんね。

 あー、いつになることやら。